FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミ鋳物の加工

2016年08月18日 20:14

今回は鍛造アルミ鋳物からの加工完成品をUPいたしました。

詳しい事は記載出来ませんが、検査機器のカバー用途になります。


H3736.jpg

精度は必要用途箇所等には、同軸度/H7交差指示はありますが、鍛造素材形状から他加工面との関係や

素材肌を残す箇所等、完成イメージから逆算した思考で加工段取りを取る要素がポイントかな

お客様からの御支給素材でもあり大変リスキーな仕事とも言えるでしょう!


H3736_2_20160818192159e05.jpg


精度は勿論の事ですが、完成使用用途が外側設置の為、外観品質も非常に重要視になる為、

仕上げ面精度確保の為の良好加工条件等もオペレーターの腕の魅せドコロの一つでもあり、

弊社が誇る、理に叶ったM/C技術の持ち主の侍が対応させて頂きました。

素材御支給からのリードタイム 付属品含め、一式10日間程です。

現在、設計段階での試作検討・既存製作等で加工依頼業者をお探しであれば是非一度、加工加否含め、

切削侍まで御相談下さい。




お客様の様々なニーズにお応えしたく
切削侍はチャレンジを続けます。



←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://samrai55.blog58.fc2.com/tb.php/498-b2e53b74
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。