難加工4

2014年02月20日 20:48

やっと加工が終わりました

SUSステンレス

むくの丸材からの削り出しです

旋盤は高橋君が加工

マシニングは野口君

お疲れ様でした

他社ではあまり出来ない加工です

もちろん中国でも出来ません

こういう難しい加工をもっともっと

増やして行ければと思います

今ある設備でいかに他社で出来ない加工に

挑戦し、そして結果を出していくことが

技術者としての誇りになるのだと思いました

IMG_2578.jpg

IMG_2577.jpg

IMG_2579.jpg

今日は今の時間での残業は僕だけのようです

会社は静かです

僕は僕で

また新しいチャレンジに向けて

今日から色々な方と打ち合わせを開始しました

本日は3社7名の方と話しました

内容については

また後日ご報告していきます



←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!


スポンサーサイト


コメント

  1. 匿名さん | URL | -

    Re:難加工4

    ゲスト様、コメント有難う御座います。

    被削面の塑性変形による加工硬化が大きい
    オーステナイト系のSUS316であり当然MC後の歪は
    間違いなく発生します。

    その為、旋削部の嵌め合い交差の内外径H7部とOリング面の平面度維持の為、さすがにMC後に仕上げております。それでも予想より歪量は少なく仕上げ前でのダイヤルゲージ測定で0.04~5程でした。
    次加工のオペレーターの技術(加工条件・工具選択・把握段取りなど)
    も歪量を最小限に抑えた結果でもあると思います。

  2. 匿名さん | URL | -

    Re:難加工4

    いつも拝見しています
    SUS316大物加工お疲れ様です
    ところでおそらく軽量化のため?のM/C加工を最後に
    行っておられるようですが旋削部にひずみが出ないんでしょうか?

  3. L侍 | URL | -

    Re:難加工4

    材質 SUS316 素材重量 約250㌔

    旋削切子棄量 ドラム缶満タン2.5缶程

    完成したら達成感抜群でしたが、加工硬度の度合いの

    大きい材質特徴で切削スタート時は工具選択の苦労や万全な

    加工条件が見つからず、切削チップの欠損のオンパレードでしたが

    序所に答えが見つかり勝負ありv-218

    野口さんとのリレー大変良かったと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samrai55.blog58.fc2.com/tb.php/472-be56e269
この記事へのトラックバック