FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関所からの、通達

2009年06月19日 16:33

直角、真円、同軸度が、
0.005以下の部品を研磨しました。DVC00024.jpg
合格の通達がとどきました。IMG_0521.jpg
全箇所合格です。
三次元測定機(SVA800A-5C)
で、測定したデーターを載せます。
ミクロン侍

←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!
スポンサーサイト

測定結果がでました。

2009年06月17日 09:57

結果でました、合格です。

内外径の寸法は、当然問題なく
外径に、対して内径の同軸度は、0.01
真円度、外径0.002、内径0,003でした。
今までやり方ですと、
真円度は、おむすび形になり、0,01が限界でした。
(今回の部品寸法外径210内径170全長300
おまけに、外径が段引きになってる)
今回の、結果で、精度は、今以上良く
なると、確信しました。

ミクロン侍

←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!




いよいよ出番です

2009年06月16日 19:04

DVC00021.jpg
製作した研磨治具で、最初に
選ばれた、品物は
外径210g6、内径170H7、全長297.5
同軸0.02のスリ‐ブです。
PCD193.6M10のネジがありそこを利用し
取り付ける事にしました。
やったー写真を見て下さい取り成功
ここまで、上手くいけば、変形などきにせずに
最高によい製品ができます。DVC00022.jpg
研磨しています。DVC00023.jpg
明日、検査しますので、結果を載せます。

←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!

これ研磨治具です。

2009年06月11日 18:06

DVC00019.jpg
これらは、研磨加工する再にその部品のために製作した物です。
ほんの、一部です。一つの治具に大体2~4種類ぐらい使用してます。
(リピート部品は、専用で製作してあります。)
なぜ治具必要なのか?
①精度で、真円度直角度円筒度、振れ、同軸度が
要求されクリアする為(直接チャックに取り付けたらミクロンの精度は、厳しい)
②形状が、複雑で、チャック取り付けられない
などがあります。
そこで、今ある治具の穴位置しらべました。
結果P・C・D100~200ネジ6ミリ~10ミリ
これから、まだ治具増えてるので、結果をもとに、
P・C・D130~230ネジ6~14ミリざぐり穴も、利用できる
万能研削治具を製作しました。
ジグ5
もう一度のせます。
次回使用している所を載せます。

ミクロン侍


←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!

第二工場、研磨担当ミクロン侍です。

2009年05月27日 18:15

研磨を、担当している天谷です。これからは、ミクロン侍の愛称で、呼んで下さい。

←クリックお願いします!
にほんブログ村
←クリックお願いします!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。